清水組 情報発信ブログ

water beetle?

water=水 beetle=カブト虫 ですよね。写真の機械の名前はwater beetleです。みずすまし、ゲンゴロウといった意味らしいです。この機械は石を切る時に排出される汚水を浄化する機械です。みずすましやゲンゴロウも棲むことができるほどきれいな水に浄化することができる事を意味して命名したんでしょうか?

当社ではここ数年来、工場で使用する水問題に悩んでいました。石工団地共同組合の施設が古くなり、水の供給と排水処理に頭を悩ませていました。井戸を掘ってみたり、ステンレスの大型タンクを設置したりしていましたが完全な解決はできませんでした。この機械は工場排水から不要な物質を取り除き、浄化された水が排出されます。ここから出た水はステンレスタンクに再循環されます。もちろん、100%の水量が確保できるはずはありません。使っていれば徐々に減っていくのですが、これに雨水を加えると丁度いい水量が確保できます。当社の水問題はこれで一応解決しました。一度使用した水と雨水を再循環するのですから、環境にも優しいシステムと言えると思います。

後はどんどん注文を増やして、どんどん石を切ればいいだけです。どんどん儲かるようになりそうですね。でもよくよく考えると、どんどん注文を増やすのは水の問題以上に難しそうです。営業員の皆と力をあわせて、この問題も早く解決できるよう頑張ります。

清水 剛介

匠の技

神社、仏閣、史跡を訪ねると、職業柄どうしても石の造形に目がいきます。

豊川稲荷(妙厳寺)

ここには年、数回参拝するのですが、素晴らしい石造物が多々あります。多くは明治~昭和初期に建立されたものです。電動工具がない時代に、よくもここまで仕上げたものだと感心させられます。感動さえ覚えます。神前灯篭の緻密な細工、鐘楼の見事な曲線による石垣(目地は紙一枚入らない程、さらに磨き仕上げです)現代の技術でも、ここまで出来る職人は少ないでしょう。鳥居等には岡崎の職人の銘が刻んであります。先人の技に触れ、いろいろと勉強させられます。今後大口の檀家、神徒さんの減少で、技を凝らした献納品が減っていくでしょう。少し残念です。                          清水 恵介

高速道路から天竜川へ

天竜川の畔に佇む名刹に お引越された観音様

約20年 東名高速道路の御見守りをしてきました。

嫁がれる前 製作者の尾崎佛師によって クリーニングが施されたのですが

目元に洗剤の残りが あたかも涙が流れているように 寂しげな表情に見受けられ

佛像には 魂 精 が宿るのだなと改めて思いました。

少し気が引ける気持ちで建立しましたが 設置後の表情を見ると

穏やかな 良い御顔になっておられ 一安心。

今後は天竜川の安寧を祈り 御見守りを お願い致します。     あさおか。

麒麟がくる

梅雨の季節になり、気づけば、もう6月。

新しい大河ドラマもとっくに始まっています。

が、前回の「麒麟がくる」、個人的にはとてもおもしろかったと思います。

ちなみに清水組には「麒麟がいます」

高さ約50cmの石の麒麟ですが。なかなか見事です。

ご興味おもちいただけましたら、ぜひご来店ください。

大島

岩津の天神様

2021年も早いもので、3月を迎えました。

3月といえば、受験シーズン。ここ岡崎にも受験生が多く訪れるパワースポットがあります。

それが「岩津天満宮」、学業上達、合格祈願等多くの学生が訪れ、岩津天神と呼ばれ親しまれています。

岩津天満宮の御祭神は菅原道真公、学問の神様として非常に有名です。風水上最高の地「四神相応の地」に御鎮座されるということで、聞いているだけでご利益がありそうです。

入り口では、大きな鳥居と独特な石製の反り橋がお出迎えしてくれています。

長い階段を抜けると、立派な拝殿が、そして、その前に立派な牛の像がご鎮座。この牛は「撫で牛」というそうで、牛の撫でた部分に効果が出るということで、私も頭を撫でてみました。頭を撫でると頭が良くなるそうです。きっと効果が出ると信じています。足が悪い人は足を、腰が悪い人は腰を撫でるとよいそうです。

岩津天満宮は梅の名所ということで、この季節は梅も咲いており、目の良い保養となることと思います。

是非、一度ご参拝ください。

(日高)

このページのトップへ