清水組 情報発信ブログ

あついぜ!!清水組

平成30年7月豪雨、本当に大変な大災害がおきてしまい、 亡くなられた方々、被災された皆様ならびにご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。

こちら愛知では何も生活に変化はないのですが、普段何気なく過ごしていることが こんなにも有難いことなのだと改めて考えさせられます。

さて、清水組の工場ではほぼ世代交代が終わり、若い世代も工場を背負っています。

森山工場長をはじめ、石切場、加工場、磨き場、30~40代で担っています。

お互いに助け合いとてもよい雰囲気で仕事もはかどっています。

平成最後の夏、とても暑い日が続きますが、清水組では焼却炉がボンボン燃えて吊り橋効果で、工場や工員同士も、とてもホットな関係になりました!!今日もメッチャ暑い!

 

 

 

中根 泉

消えゆくひとつの石文化

伊勢街道には、1960年頃から設置始めた灯篭が500基余りあります。

建納者には、大小会社、歴代首相など名を連ねてあります。

4月の歩行者死亡事故を受けて、全撤去が決まりました。

かねてより危険性が指摘されていたので、今の社会ではやむを得ない措置だと思いますが、

長年親しまれていたものだけに、石に携わる者として、少し残念な気がします。

“石の建造物=危険なもの”という風潮が広がるのを危惧しております。

撤去前にもう一度見てこようと思い、出向きました。駅近くではちょうど撤去の最中でした。

清水 恵介

伊文神社祇園祭

私の地元では、約400年の歴史を誇る祇園祭が毎年7月行われますが

見どころは、何と言っても土曜日に開催される「祇園祭」です。

約400年前から城下町において受け継がれてきた、伊文神社神輿をはじめ

大名行列、獅子舞が市街地一帯を練り歩きます。

この時期いつも思うのですが、今年も半分以上過ぎてしまったのだなと。

年末まで半年きっていますが、頑張らなければならないなと。

例年にない酷暑が続きますが、皆様におきましても、体調にお気をつけて

お過ごしくださいませ。                     あさおか。

かえる

梅雨もあけ、ますます暑くなり、本格的に夏になってきたと思う今日この頃です。

梅雨はあけましたが、近くの川ではカエルの鳴き声が・・・。

カエルは苦手です。

しかし、 「かえる」 ということから

「福がかえる」「お金がかえる」「無事にかえる」 などといわれ

カエルの置物は縁起がいいとされています。

弊社にも少しですが、カエルの置物がございます。

カエルの置物を置くことで幸運が!?

ぜひ一度ご来店ください!!

大島

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10年ひと昔

 

 

 

 

 

 

 

”10年ひと昔”とはよく言いますが、愛車TOUAREGももうすぐ購入後10年がたちます。あまり見かけない車なので、自分としてはそんなにも古臭い印象はありません。とうとう10年たってしまったのかとは思いますが、、、。ちょうど10万キロを超えたので一つのくぎりとして写真を撮っておきます。

もうあれから10年も経ってしまったのかと思う事がたくさんあるのは、私がそう考えるに値する年齢に達してきたからなのでしょうか?

この車を買ってから、もう10年経ってしまったのか!ゴルフ場で転んで左腕を骨折してから、もう10年も経ってしまったのか!厦門事務所を引っ越ししてから、もう10年も経ってしまったのか!会社の経営状態がまずまずいいからそろそろ新しい事務所を建てようかと決意してから、もう10年も経ってしまったのか!

10年間で髪も薄くなり、腹も出っ張り、ドライバーショットも飛ばなくなってきたけど、もうひと頑張りしないといけませんね。

清水 剛介

 

 

 

 

 

このページのトップへ